パンデミックの前後で変化した働き方や考え方の変化とは

世界各国で猛威を振るった新型コロナウイルスは、今も人々の生活や仕事に多大な影響を及ぼしている。日本でも緊急事態宣言の前後に多くの企業がテレワーク(在宅勤務)にシフトした。中小企業でも、慌ててDell XPSシリーズをはじめとしたノートPCを従業員に配布したという企業も少なくないだろう。もちろん、ノートPCを配布することは、テレワークの前提条件とはなるものの、それだけでは不十分だ。実際に在宅勤務中に、IT環境で様々なトラブルを抱えた企業は少なくない。Z世代のクリエイティブディレクターで、会社経営者としての顔も持つ辻 愛沙子氏は、初めて経験した本格的なテレワークを通して、働き方や考え方にどのような変化を感じ取ったのだろうか。

―― 辻さんはクリエイティブディレクターとして活躍する一方、2019年10月には所属されるエードットのグループ会社として「arca(アルカ)」を立ち上げ、社長も務められています。今回のパンデミック前後でテレワーク環境は既に導入されていたのでしょうか。

辻氏 もともと私が所属しているエードットというグループや、昨年立ち上げたarcaも、会社というより“個”の色が強い人たちが集まっている集団なので、「何時に全員がオフィスに来て、この席に座っている間を業務とみなす」みたいな仕事のやり方はしてきてはいないんです。打ち合わせなどでも“出張中の1人がテレビ会議で参加します”といったケースは多々ありました。もちろん、パソコンやタブレットなどは普段から仕事道具として当たり前に使っています。

ただ今回のように、全員がリモートで、離れた場所から打ち合わせをしたり、プロジェクトを進めたりするようなことは、正直経験したことがありませんでした。いきなり自宅でテレワークをしなければならない状態になったことで、デザイナーならペンタブレットが自宅にはないとか、職場ではオフィスデスク、イス、で仕事しているけど、自宅ではテーブルにノートPCだから、長時間だと腰が痛くなって…といった話はありましたね。

―― 新型コロナウイルスの発生に伴い、会社のテレワークの状況やご自身の働き方はどう変化していったのでしょうか。

辻氏 私は毎週水曜日に報道番組「news zero」に出演させていただいていますが、ちょうど集団感染が起きたクルーズ船の情報が、番組の中で刻一刻と変わっていく状況を目の当たりにしていました。それを受けて自分たちの会社も、どの時点でテレワークに踏み切るのかといったことを話し合い、緊急事態宣言が出るタイミングで、エードットグループ全体でテレワークに入ることになりました。ただ、どうしてもデザインの出力が必要だったり、クラフト作業(※)をしなければならなかったりと、私も含めて最低限、オフィスに行かざるを得ないことが度々ありました。

※ 微妙な色味の確認や大判印刷をするため専用機を使用するケースや紙の裁断やプロトタイプの作成など、手作業が必要なケースのこと

辻 愛沙子氏が感じたテレワークのメリット/デメリットとは

―― arcaの主軸事業の1つである広告のクリエイティブは、細かいニュアンスなどは直接会わないとうまく伝わらず、それによってアウトプットも大きく変わってくるような仕事です。やりにくい部分がなかったのでしょうか。

辻氏 確かに実制作ではニュアンスがとても大事だったりします。ですから普段以上に細かく連絡をとったり、今までなら口頭で伝えていたところも企画書に手書きで書き込み、撮影して戻したりといった工夫はしています。やりにくいというよりは、やり方が変わったという感じでしょうか。ただ、ブレストからアイデアを作っていくようなクリエイティブディレクターの方は、かなり大変だとおっしゃっています。本筋ではない雑談の中から、思いがけないアイデアが生まれたりするので。“雑談が減った”というのは、ネガティブな要素かもしれません。

―― 緊急事態宣言の前後は、どのような体制で従業員の皆様も含めて業務を遂行したのでしょうか。その際、経営者として配慮したポイントなどはありますか。

辻氏 エードットグループは少し変わったチームビルティングで進行することが多く、プロジェクトごとにグループ会社をまたいだメンバーでチームを組むんです。例えばデザイナーはカラス、エンジニアはバードマン、PMはエードットみたいな形です。プロジェクトが始まるとSlackの中にプロジェクトごとのチャンネルを作り、そこでコミュニケーションやファイル共有を行っていくのですが、実オフィスだとSlack上で交わされない会話や、メールのCCに入っていないことでも自然に耳に入ってきたりしますよね。バタバタと忙しそうな人の様子も目に見えるので、“彼へのオーダーは後にしよう”といった、コミュニケーションする際の“行間”が分かるわけです。

でもリモートだとそれが全く見えなくなってしまうので、最初はちょっと困りました。でも、それぞれのツールに合わせて小さいプラスアルファをしていくことで、その行間に近いものをリモートでも伝えられるのではと気付いたんです。例えばSlackなら、資料をアップしたときや、ありがとうといった一言を添える際に、ちょっと過剰なくらい絵文字でリアクションするようにしたんです。そうすると、いつもだったら表情や声のトーンで伝えられていた称賛や感謝に近い行間的コミュニケーションを伝えられる。それが私自身も楽しくなってしまって、ややおふざけに見えたとしても、ネット上で皆が日々明るくコミュニケーションできるよう、気を配りました。

他にも、働いている様子が見えない分、例えば打ち合わせが入っていない時間で「作業しよう」と思っていたり「デザインや資料の確認時間」と思っている、そんな細かい行間のスケジュールも、共有カレンダーに書き込むようにしました。そうすることで、どのくらい忙しいのか、どの子にどのくらいの余裕があるのかを直接会わずとも共有できるようになります。

反対に、ムダがなくなり良かったなと思ったのがZoomでの打ち合わせです。以前なら、せっかくお客様先に訪問したから、せっかくオフィスにお越しいただいたからと、仕事の話は20分で終わったのに、必要のない雑談を15分ぐらいして終わらせるようなことってよくあったんです。でもZoomならそうした気遣いは無用です。時間内できちんと話をまとめ、相手の貴重な時間をムダにしないことをすごく意識するようになりました。「ムダ時間の仕分け」みたいなものでしょうか。本当にムダな時間は効率化するし、雑談のようにアイデアが生まれそうなものは、ツールを使ってよりコミュニケーションを密にする――そんなことを意識するようになりました。

誰が何をしているか“見える化”されたのが大きな発見

―― テレワークを導入することで、新たに気付いたメリットや、逆に課題に感じたことなどはありましたか。

辻氏 自分の作業時間をしっかりとることの大切さを改めて感じました。普段ですと“ブレストしたから仕事しました”みたいな気になっているクリエイターがすごく多かったりしますが、本来は、具体的なアウトプットが伴っていないと仕事にはなりません。

テレワークで1人の作業時間が増え、その中でちゃんと集中してアウトプットを出すことができたかどうか。このことが今回、クリエイターそれぞれに問われたのではないかと思います。また、1人で作業する環境は会社でも自宅でもいい。それは人それぞれの好みなので、本当に集まる必要があるとき以外は、今後も好きな場所を選べるようになったらいいなと思いました。

もう1つ、リモートでは業務がすべて見える化されて、誰が今どんな仕事をしていて、誰が停滞しているのかが明確になったのも大きな発見でした。いつもですと、プロジェクトチームを組んで、動きながらそれぞれの役割を認識していくようなことがあったりします。でも時々“自分はどういう役回りでここにいるんだっけ?”“誰のサポートをしたらいいんだっけ?”と戸惑ったままの人もいるわけです。ですのでコロナ禍で立ち上がったプロジェクトのチーム編成では、一人ひとりの役割分担を明確化して、責任感を持って動けるように意識しています。反対に、自分の役割をしっかり分かっている人、ゴールを理解している人たちですと、大枠のルールだけ決めてしまえば、あとは安心して任せられるんだということを今まで以上に感じられるようになりました。

―― arcaでは、どのようなテレワーク環境を整備しているのでしょうか。また、今回の緊急事態宣言下でのテレワークでは何かトラブルなどは発生しませんでしたか。

辻氏 クリエイティブ系のスタッフ、特にデザイナーは主にデスクトップPCを、営業チームはノートPCを使用しております。テレワークではそれらのデバイスやスマートフォンを使い、コミュニケーションはSlack、雑談はTwitter、会議はZoomというのが基本になっています。ファイル共有などはグループ会社の共通ストレージで管理されています。

IT環境やネットワークについては、普段は同じビルに入っているテクノロジーに強いグループ会社や、業務委託している技術のプロがサポートしてくれているのですが、今回は突然、在宅勤務に入らざるを得なかったので、自分たちで何とかしなければならないことが多かったですね。

例えば自宅にWi-Fi環境がない社員が多く、しばらくの間は大変でした。私も引っ越したばかりで、慌てて回線契約をしましたし、私物のポケットWi-Fiを社員に貸し出したりもしました。あと“自宅のデスクトップPCが遅くて作業効率が悪い”と困っているデザイナーもいたため、”メモリ増設するといいかも”、”これがおすすめだよ”、”Amazonで買って、裏側のカバーを開けて差し込むんだよ” といった会話がチャット上で展開されていました。

経営者の方々に敬意の気持ちを伝えたい

―― 現在、テレワーク環境の整備は中小企業にとっても大きな課題となっています。特にITリテラシーがあまり高くない企業の場合、システム面での課題を克服する手段をなかなか持ちにくい一面があります。どう対応するのがベストだとお考えですか。

辻氏 私たちの世代だと、困ったら人に聞く前に「まずネットで調べる」みたいなクセがついているんですね。とりあえずググって“このメモリーがよさそう”“このマイク使ってみたらよかったよ”といった情報を共有し、先ほどお話ししたメモリー増設みたいに自分で何とか解決する。ただそれはデジタルネイティブな世代だからということもあり、すべての方々に当てはまるものではないことも承知しています。実際に私もITのことなどは、会社にいれば隣の人やグループ会社の詳しい方に相談していました。でもリモートではそれができない状態になってしまっていた。

やはり日本は縦型社会なので、ベテランが新人に何か教えることはあっても、年長者が若手に相談したり、助けを求めたりすることには慣れていません。ならば、社内の人間関係を突破して、外部の信頼できるプロに相談するようにすれば助かることも多い気がします。

もちろん年齢に関係なく、ITに関しては、相談する側は往々にして何が問題なのかも分からないケースもあります。「パソコンが固まったら、とにかく1回強制終了」ぐらいしか対処できない人も結構いたりしますし、さっき話したように「なぜパソコンが遅くなっているのか」「メモリーをどれくらい増やすべきか、それを自分でやるとしたらどうすればよいのか」「Web会議のときに使えそうなアイテムがないのか」など、特にテレワーク環境では困ることも増えてきます。そうしたことが外部のプロの方に気軽に相談できる環境があればよいですね。

―― With/Afterコロナの時代、日本の働き方や個人の考え方はどう変化していくと考えていらっしゃいますか。

辻氏 もともと私たちの世代は社会課題の解決や、これからの未来をどう変えていくのかといったことを“他人ごと”ではなく“自分ごと”として捉え、実践している人が多い印象があります。私自身もジェンダーギャップや動物愛護、環境問題などをテーマにしていますが、目の前に課題があるからこそ自分がそれを解く役割が持てると思っています。

例えば昨年から「応援経済」という言葉がよく聞かれるようになりました。人は応援したいものにお金を払う、自分の消費行動が社会にどう影響するかを考えることが大切だという理念です。今回のコロナでも“潰れそうだから助けてほしい”というお店を、お取り寄せやデリバリーで応援する行動が一気に増えました。自分は何のためにこの事業をしているのかといった振り返りも含め、モノの生産や消費が社会サイクルに寄与している感覚を改めて実感する機会になった気がします。とにかく今は、社会がいい方向に向かっていくために自分ができることを粛々とやっていきたいと思っています。

―― 最後に、日本の中小企業の経営者に向けたメッセージをいただけますでしょうか。

辻氏 社員を守っていく責任は感じつつも、経営環境の厳しさから現状どうしようもないリアルもあったり――そんな誰にも頼れない経営者の苦しさを、私自身も最近感じるようになってきました。これから先、消費のあり方が大きく変わっていく中で、社員からの要望や売り上げなどに目を配っていると、どうしてもマイナス面に気持ちが持っていかれることがあるかと思います。でもこの状況下も持ちこたえていること自体が本当にすごいことなので、ぜひご自身を肯定、評価していただきたい。とにかく今、経営者の皆さんには「敬意の気持ちでいっぱい」ということをお伝えしたいですね。

Original
Source

日経BPの許可により、2020年6月26日~7月7日掲載 の日経クロステック Active Special を再構成したものです。

トップページに戻る 記事一覧を見る