中小企業でも導入が進むHCI。その理由とは

 クラウドや仮想化など、テクノロジーが進化する一方で、ITに関わる課題や運用負担は増える一方だ――。こう話すIT担当者は少なくない。特に人員や予算の限られている中小企業はその傾向が強いようだ。

 様々な業務アプリケーションの管理負担はその代表例だ。会計ソフトや受発注管理、あるいは独自に構築した顧客管理系のアプリケーションやデータベースなど、それぞれの業務ごとにサーバーを構築したことで、その管理に追われている企業は少なくない。また、NAS(ネットワーク接続型ストレージ:Network Attached Storage)やネットワーク機器がいくつも散在し、そのメンテナンスに追われている担当者も多い。

 IT運用の負荷軽減を目指してクラウド利用を考えたものの、顧客情報を社外に保管できなかったり、データの容量が大きくコストに見合わず断念したりする企業も目立つ。

 こうした中小企業のITの悩みを解決する手段として注目を集めているのが、ハイパーコンバージドインフラストラクチャ(HCI)だ。

 HCIとは、物理サーバーとストレージを1つの筐体(ノード)に統合し、仮想化ソフトウエアや管理ソフトウエアなどもパッケージングした形で提供されている製品のこと。このHCIを活用することで、様々なメリットが得られる。

 例えば、業務アプリケーションごとに乱立したサーバーや、社内のストレージやネットワーク機器を1つに統合できる。これにより、運用が大幅に簡素化できる。また、サーバーの設置スペースの節約にもつながる点も、オフィススペースが限られた企業にとっては大きなポイントとなる。

 拡張性も高い。既存システムに新規ノードを追加するだけで、簡単に性能を増強できるからだ。例えば、持ち出せない重要情報を社内に持ちつつ、システムの能力を必要に応じて強化するといった使い方も可能だ。つまり、クラウドのような使い方を社内システムで実現できるのである。

 HCIといえば、以前は高価なイメージがあったが、最近ではかなり安価になってきており、中小企業でも導入が進んでいる。ここでは中小企業がHCIを導入するメリットや導入のポイント、具体的なステップについて紹介したい。

(取材・編集 日経BP総研 フェロー 桔梗原 富夫 氏 )

中小企業がHCIを導入するパターンとそのメリット

デル・テクノロジーズ株式会社
デル テクノロジーズ アドバイザー
(サーバー担当、ISG事業統括
ビジネスセールエンジニアリング部
テクニカルセールス)
佐川 征爾

桔梗原氏(以下敬称略):最近は中小企業でもHCIを導入する企業が増えています。どのようなパターンがあるのでしょう。

佐川:最も多いのが、シンプルな運用がしたいというお客様です。社内に複数のサーバーを保有していたり、異なるベンダーのサーバーがあったりするため、サポート窓口も変わってしまうというケース。IT機器の管理が大変なので、それを限りなくシンプルにできるHCIにメリットを感じられるようです。利用形態としてはファイルサーバーとしての活用が圧倒的に多く、基幹系システムとして複数のアプリケーションを仮想的に稼働させているお客様がこれに続きます。

桔梗原:基幹系というのは、会計管理や販売・仕入・在庫管理などを指すのですか。

佐川:そうですね。お客様独自で開発したアプリケーションやデータベース、パッケージソフトのほか、Active DirectoryやWebDAVなどもあります。NASが社内に複数あり、その容量が逼迫してきたという場合も、これら基幹系アプリケーションと一緒にHCIにまとめたいというニーズが増えています。また、サーバー数がそれほど多くなくても、何十もの仮想マシンを立てている場合などに、HCIへの移行をお勧めすると、非常に興味を持たれるお客様が多いですね。

桔梗原:WindowsサーバーだとHyper-Vが無料で使えますから、部門や案件ごとに仮想マシンを作ってしまい、いつのまにかその管理が大変になってしまう。そういった企業にもHCIは有効なわけですね。

日経BP総研
フェロー
桔梗原 富夫 氏

佐川:はい。中小企業ではこのほかにも、IT担当者が把握していない機器やストレージが社内にあったり、前任者が構築したネットワーク構成を把握できていなかったりするケースもあります。そういった場合は、我々のほうでシステム構成を一度すべて可視化させていただき、HCI上でまとめて稼働させたほうがリセットしやすいと提案することもあります。

桔梗原:システム構成を見える化してくれるわけですね。中小企業では一般的にタワー型サーバーの活用が多いと思いますが、それをHCIに移行するケースとしては、どのような理由があるのでしょう。

佐川:ある会計事務所のお客様は、セキュリティの観点からクラウドに顧客データを上げられず、複数のタワー型サーバーで運用していました。しかしその管理が大変になったため、膨大なデータやアプリケーションをHCIに集約し、運用管理を簡素化した例があります。タワー型サーバーとクラウドを併用していたお客様も、データ量が多くランニングコストが予想以上にかかってしまうため、再びオンプレミスに集約したいとHCIを選択されました。

 最近では、インバウンド需要を見据え、電子決済基盤のスケーラビリティを確保するためHCIを導入した例もあります。HCIはスモールスタートで始めて、将来的にノードを追加して拡張することも簡単です。ゆくゆくはクラウドとのハイブリッドで運用していきたいという場合も柔軟に連携できますから、幅広いニーズに対応できると思います。

シンプル構成で運用管理も大幅に省力化できる

桔梗原:HCIは、ある程度のITリテラシーがないと扱いにくいイメージがあります。

佐川:それがそうでもないのです。ご存じのようにHCIは、従来のサーバー、ネットワーク、ストレージの3層で構成されていたハードウエア機能を、仮想化技術を使って統合したシステムです。構成が非常にシンプルで、一度導入すれば煩雑な運用管理を簡略化でき、拡張性も高い。実は、専任のIT担当者がいない中小企業のお客様には、もってこいのソリューションなのです。

 なかでもMicrosoftが提供している「Azure Stack HCI」は、Windows Server OSをベースとしたソリューションなので導入へのハードルが低いと好評です。デル・テクノロジーズならPowerEdgeサーバーによる事前検証済みのReady Node構成を提供できますし、内蔵されたシステム管理ツール「iDRAC」で、リモートでの運用管理や予防的な対策も講じることができます。

桔梗原:中小企業でもHCIの導入をためらう必要はないわけですね。ただ、扱いやすいとはいえ、導入時には不安を抱える企業も多いのではないですか。

佐川:そういった不安を解消していただくため、デル・テクノロジーズには我々デル テクノロジーズ アドバイザーという専任の担当者がいます。デル テクノロジーズ アドバイザーは従業員1~99人規模の企業に対応したIT全般の相談窓口・指南役として、まずは電話で無料相談を行います。既にデル・テクノロジーズ製品をお使いの場合は、購入データから現状のアセスメントを行い、他社製品をお使いの場合は外勤営業が訪問させていただき、IT環境を可視化していきます。そこからお客様と一緒に今後のシステム環境を検討し、HCIが最適なソリューションだと判断できた場合は、実際の導入へと進めていきます。

桔梗原:HCIでなくてもいい、という判断もあるわけですね。

佐川:HCIがあらゆるお客様のIT環境に最適なわけではありません。その場合はきちんと別の提案を差し上げます。お客様の環境に寄り添い、常に最適なソリューションを提案するのが我々デル テクノロジーズ アドバイザーのモットーです。以前からお付き合いのあるIT企業がいらっしゃるという場合でも、我々はそのIT企業と共同でシステム提案を検討していきますので、お気軽に相談していただければと思います。

桔梗原:中小企業では経営層が必ずしもITに詳しくないケースがあります。HCIのような先端技術の導入は、社内稟議を通すのが大変なのではないですか。

佐川:確かにそういった傾向はあると思います。ただし長期的なIT投資を最適化し、ビジネス拡大に合わせて柔軟にスケールアウトできるHCIは、中小企業にも最適なITインフラとなるため、そういったメリットを社内に働きかけていく担当者様へのアドバイスやサポートは、しっかりやらせていただきます。HCIの説明や導入効果を示した資料などは常に共有させていただくので、担当者様がそれをひな型に使って社内稟議を通したというケースも少なくありません。

幅広いポートフォリオとサポート力がデル テクノロジーズ アドバイザーの強み

桔梗原:HCIの提供におけるデル テクノロジーズ アドバイザーの強みは何でしょうか。

佐川:まず1つは製品ポートフォリオが多岐にわたることです。VMware vSANやNutanixなど、SDS(Software Defined Storage)技術やハイパーバイザーの種類、特徴に応じた豊富なHCIソリューションをそろえており、お客様環境に合わせて自由に選択していただけます。もう1つはナレッジやノウハウが多いことです。

 Dell Technologiesの一員となったVMwareのナレッジに加え、グローバルでデル・テクノロジーズが手掛けたHCIのユースケースや事例の中で、幅広い業種・業態のお客様に合わせた、きめ細かな提案ができることも重要なポイントです。さらに国内HCI市場でシェアNo.1であることも、当社を選んでいただく安心感や信頼性につながっていると思います。東京・三田にあるカスタマーソリューションセンターでは最新のHCI製品の実機を取りそろえていますので、自由に触っていただきながら導入イメージを確かめたり、業務内容に最適なHCIを検討していただくことも可能です。

桔梗原:中小企業としては、導入後のサポートも気になるところです。その点はどうカバーしているのでしょうか。

佐川:当社がHCIをお勧めする際に必ずセットで提案するのが実績豊富なサポートサービスです。どのようなシステムも稼働後からが本番ですので、お客様の業務要件や要望に合わせた最適なサポートサービスを選んでいただけます。24時間365日の問い合わせ対応はもちろん、兼任担当者が多い中小企業のお客様には、問題の自動検出や自動通知ツールで、障害発生前にデルがプロアクティブな対処を行うサービスもありますので、トラブル対応に追われる時間を最小化することができます。

桔梗原:なるほどそれなら、導入後の運用負担も軽減できそうですね。本日は貴重なお話をありがとうございました。

※ デル・テクノロジーズ株式会社は、デル株式会社およびEMCジャパン株式会社の合併により設立されました。

Original
Source

日経BPの許可により 2019年11月29日~2020年1月9日掲載の日経クロステック Active Special を再構成したものです

トップページに戻る 記事一覧を見る